カミソリ負けでお悩みの方に治し方や対策をご紹介いたします
日常的に処理をしなくてはいけないひげ剃りで頻発するカミソリ負けの対策を行いましょう
治し方と事前対策と根治解決法をご提案

カミソリ負けの原因は

ひげ剃りをした後にできる赤いブツブツや肌のヒリヒリ感などのカミソリ負けですが、特にひげが濃い方はお悩みだと思います。

カミソリ負けを避けるためにも、シェービングクリームやシェービングジェルを使ったり、電動T字カミソリや電気シェーバーを使って慎重にひげ剃りをしている方も多いと思います。

 

ですが、ふとした拍子にできてしまうのがカミソリ負けです。

カミソリ負けは肌の痛みだけでなく、清潔感に欠けてしまうので、特にヒゲを剃らない女性からの見た目はマイナスポイントです。

 

そこで、カミソリ負けをしてしまう要因と、カミソリ負けを起こさないための対策や治し方を紹介していきます。

 

ひげやすね毛、ワキ毛といった体毛をカミソリやシェイバーで剃った後に、肌がかゆくなったり、ブツブツができたり、血が出たりといった経験はありませんか?

肌にカミソリやシェイバーの刃を当てることによって、表皮に細かな傷がついてしまいます。

この傷が原因となって、かゆみや痛み、赤みなどが引き起こされるのですが、こうしたカミソリで剃った後に起こってしまう肌トラブルのことを総称して「カミソリ負け」と言います。

 

カミソリ負けは、肌が弱い人や深剃りを行う人だけに起こるものではなく、誰にでも起こる可能性があります。

特に毎日処理の必要なひげ剃りは、それだけ肌が受けるダメージも大きく悪化しやすいので、注意が必要です。

 

 

カミソリ負けを起こしてしまう主な要因は五つあります。

 

①カミソリや電気シェーバーの刃を交換していない

これはカミソリも電気シェーバーも刃物を使ってひげを処理しているためで、ヒゲは身体の毛の中でも特に固いため、刃物の摩耗が早く、メーカー推奨の期間を過ぎて利用すると刃の切れ味が悪くなってしまいます。

これによって本来最小限の抵抗でひげを剃れるところが刃が削れ鋭さがなくなった状態でシェービングするため、肌を傷つけてしまうことになります。

 

ですが、メーカー推奨の交換期間はカミソリの場合1か月程度、シェーバーの場合半年~1年ほどで刃の交換だけで5000円~10000円ほどかかってしまいます。

カミソリやシェーバーではランニングコストをある程度かけてあげないとカミソリ負けになる可能性は高くなります。

 

 

ヒゲを剃る際、逆剃りをしてしまっている

逆剃りとは毛の生えている方向から逆に向かって剃ることです。

これは深剃りをしたい方は実際に行っている方も多いと思いますが、毛を剃る際に毛並みとは逆に剃るため、皮膚を傷つけてしまいやすい剃り方です。

ただ、青ひげを避けたい方にとって、避けられない剃り方でもあると思いますので、痛みやヒリつきを我慢して剃っている方も多くいらっしゃいます。

最小限の負担で逆剃りを行う場合はまず、毛並みに沿って剃ったうえで、次は横方向から剃り、最後に逆剃りを行うことによって、肌への負担を最小限で逆剃りを行うことができます。

いずれも、剃る力を最小限に剃っていくことがポイントです。

 

 

③乾燥した肌でヒゲを剃っている

乾燥した肌の状態でシェービングを行うと、肌の張りが落ちている状態でシェービングをすることになるため、普段より皮膚に凹凸がある状態でひげを剃ることになります。

ですので、カミソリなどの刃によって凹凸の凸部分も剃ってしまうため、皮膚を傷つけてしまうのです。

また、皮膚が固い状態でもあるため、本来は柔らかく皮膚のハリで流せる刃との接触を、固い部分の抵抗によって傷つけてしまうといった要因でもあります。

 

これの対策として、日ごろから化粧水や乳液などで保湿を行ってあげたり、シェービング前に皮膚をお湯や蒸しタオルで温めてあげることによってカミソリ負けを改善することができます。

また、治し方といった点でも化粧水や乳液などで保湿をしてあげることによって治りもよくなりますので、現在カミソリ負けがある方もしっかりと保湿をしてあげることが重要です。

 

 

④同じ場所を何度も剃ったり必要以上に力を入れて剃っている

深剃りをしたいがために何度も同じ場所を剃ったり、力を込めて剃っていませんか?また鏡などを見ながら剃る際に見えにくい場所はどうしても力が入ってしまいがちです。

また、朝にシェービングを行う方は、仕事前など時間の問題からの焦りで力も入る方も少なくないようです。

 

ですが、ヒゲの剃り残しは社会人としてマイナスポイントと換算されかねないため、入念に剃らなくてはいけないというのもわかります。

 

ですので、対策としては力を必要以上に入れないように、ヒゲの剃り方にルーティンを作ってあげると過剰に剃ったり、力が入ったりといったことが減ります。順序を決めて剃っていき、最初のうちは力加減に気を付けてシェービングを行うようにしてください。

 

⑤シェービング用品を使っていなかったりアフターケアをしていない

カミソリ負けはカミソリやシェーバーによって本来傷つけてはいけない皮膚を傷つけてしまうことに起因します。ですので、ドラックストアやコンビニなどでも売っているシェービングジェルやシェービングローション、シェービングフォームなどは皮膚とカミソリとの抵抗を少なくして、ヒゲを剃りやすくする効果がありますし、保湿や美容成分などが入っているものもあります。

 

カミソリ負けを防ぐ上で、自分に合ったシェービング用品を使うことが重要です。

同様にアフターケアをしていない場合もカミソリ負けが悪化してしまう要因です。

前述の乳液や化粧水などのケアや、シェービングアフタージェルなどを塗ってあげることによって、傷ついた皮膚にうるおいやものによっては傷つけた箇所の殺菌効果があるものもあるのでカミソリ負けの治し方としても使うことは望ましいです。

 

カミソリ負けの治し方

カミソリ負けの治し方として軽い治し方は前述のとおり、化粧水や乳液などで保湿を行ったり、アフターシェービングジェルなどを利用することです。

ヒリつきや赤み痒み、出血などがひどい場合の治し方は、オロナイン軟膏や傷用の塗り薬を塗布することが保湿と傷の保護に効果的です。

 

可能であれば軟膏等の塗り薬を塗る前に、軽く消毒液などで消毒をしてあげればより治りがよくなり、カミソリ負けの悪化を防ぐことができます。

 

他に、カミソリ負けの原因そのものを取り除くこともカミソリ負けの根本的な治し方です。

 

カミソリ負けの根本的な治し方

カミソリ負けのの根本的な治し方として、ひげの脱毛をおすすめします。

 

顔の脱毛は身体の中でも痛いとされる部位ですが、男性は基本的に痛みに弱いといわれています。

痛みに弱い方にこそおすすめメンズ脱毛サロンVR脱毛ですが、痛みを軽減することのできる三つの要因があります。

まず一つ目がVRを脱毛施術中に使うことによって、通常ゴーグルやアイマスクで視界を隠されるところを、VRゴーグルによって視界を提供します。

これによってコンテンツに集中すること、かつ痛みを感じる触覚への認識を意図的に外すことによって痛みの軽減を行うことができます。

個人差はありますが、なかには全く痛みを感じなくなったという方もいらっしゃいます。

 

そして二つ目が、脱毛施術中に冷たい脱毛ジェルを使用しながら脱毛を行っていくので皮膚の感覚が緩み、痛みの軽減につながります。

 

三つ目は脱毛機そのものの効果で、冷却機能と効果的に毛へダメージを与える光の波長によって、痛みは少なく、効果は高く施術を行うことができます。

 

他サロンやクリニックなどでご体験された方こそ、こんなに痛みを減らすことができるんだ!とお喜びされる方が多いため、他で痛くて諦めた方に当サロンをご体験いただければと考えています。

お気軽にお電話ください
03-6908-9175 03-6908-9175
11:00~21:00
東京都新宿西新宿7-8-11 美笠ビル 2F
ACCESS

新宿で脱毛の施術中にVRを楽しめるサロンへの行き方をご案内いたします

新宿にあるメンズ脱毛サロン VR脱毛は新宿駅から徒歩5分の場所にありJR各線や地下鉄各線でのアクセスがしやすく、11時から21時まで営業しておりますので、初めての脱毛の施術をお考えの方も気軽にご来店ください。
メンズ脱毛サロン VR脱毛 新宿店写真
店舗名 メンズ脱毛サロン VR脱毛 新宿
住所 東京都新宿西新宿7-8-11 美笠ビル 2F
電話番号 03-6908-9175
営業時間 11:00~21:00
定休日 GW、年末年始
最寄駅 新宿駅 徒歩5分

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。